KDEで複数NICの通知インジケータを無効化する方法

はじめに

 

デスクトップに複数のNICが刺さっているため

Debian wheezy amd64を再インストール後、

右下の通知インジケータが

1分おきにConnection failedというメッセージを出して

鬱陶しいので無効化しました。

/etc/network/interfacesの設定

 

allow-hotplug eth1

 

を追加しました。

eth1はインストール時に認識していたインターフェース名です。

その後、

/etc/init.d/network-manager restart

コマンドでネットワークマネージャーを再起動しました。

 

 

 

MetaTraderをDebian Wheezy amd64にインストールし起動する方法

環境とバージョン

  • OS:Debian Wheezy amd64
  • Wine:wine64-bin_1.4.1-4_amd64,wine-bin_1.4.1-4_i386

Wineのインストール

apt-cache show wine64-bin

Windows API implementation – binary loader
Wine is a free MS-Windows API implementation.
This is still a work in progress and many applications may still not work.
.
This package provides instructions for installing 32-bit wine on 64-bit
systems.

64bitのOSに32bit版のWineをインストールするので

パッケージwine64-binをまずインストールしました.

後でwine-bin:i386もインストールすることになるのですが,

ここは作業の順番どおり説明します.

apt-get install wine64-bin

MetaTraderのダウンロード

MetaTrader 5 Trading Platform / MetaQuotes Software Corp. から

mt4setup.exeとmt5setup.exeをダウンロードします.

MetaTrader 4のインストール

wine mt4setup.exe &

i386版をインストールするようメッセージ画面が表示されたので

wine-bin:i386をインストールします.

wine-bin:i386のインストール

dpkg --add-architecture i386
apt-get update
apt-get install wine-bin:i386

ライブラリ mfc42.dllを追加

再度,コマンドを打つと,エラー画面がでるので

mfc42.dll download – free dll files から

mfc42.dllをダウンロードします.

これを’~/.wine/drive_c/windows/system32’にコピーします.

cp mfc42.dll ~/.wine/drive_c/windows/system32

Wineの設定画面を起動します.

winecfg &

ライブラリタブをクリックし,ライブラリの新規オーバーライド欄に

mfc42.dllを入力し追加ボタンを押します.

そして,適用⇒OKで終了します.

再度MetaTrader 4をインストール

wine mt4setup.exe &

インストール途中の画面は文字化けしていますが,

インストール後起動した画面はほぼ文字化けなく

グラフも正常に表示されます.

MetaTrader 5をインストール

wine mt5setup.exe &

こちらもインストール途中の画面は文字化けしていますが,

インストール後起動した画面はほぼ文字化けなく

グラフも正常に表示されます.

GnuPG2のインストールと各種コマンド

インストール

apt-get install gnupg2

鍵の生成

gpg2 --gen-key
gpg (GnuPG) 2.0.19; Copyright (C) 2012 Free Software Foundation, Inc.
This is free software: you are free to change and redistribute it.
There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.

ご希望の鍵の種類を選択してください:
   (1) RSA and RSA (default)
   (2) DSA and Elgamal
   (3) DSA (署名のみ)
   (4) RSA (署名のみ)
選択は? (1) ← ここはデフォルトにします.
RSA keys may be between 1024 and 4096 bits long.
What keysize do you want? (2048) 4096 ← デフォルトでもよいのですが,一番長く設定しました.
要求された鍵長は4096ビット
鍵の有効期限を指定してください。
         0 = 鍵は無期限
      <n>  = 鍵は n 日間で満了
      <n>w = 鍵は n 週間で満了
      <n>m = 鍵は n か月間で満了
      <n>y = 鍵は n 年間で満了
鍵の有効期間は? (0) ← 鍵の有効期限を設定します.ここはデフォルの0(無期限)にします.
Key does not expire at all
これで正しいですか? (y/N) y ← ここはyを入力します.

You need a user ID to identify your key; the software constructs the user ID
from the Real Name, Comment and Email Address in this form:
    "Heinrich Heine (Der Dichter) <heinrichh@duesseldorf.de>"


↓ユーザーIDを「名前 (コメント) メールアドレス」という書式で設定します.

本名: Taro Yamada
電子メール・アドレス: taro.yamada@example.com
コメント: Taro Desu
次のユーザーIDを選択しました:
    “Taro Yamada (Taro Desu) <taro.yamada@example.com>”

名前(N)、コメント(C)、電子メール(E)の変更、またはOK(O)か終了(Q)? O ← O(オー)を入力します.
秘密鍵を保護するためにパスフレーズがいります。
(pinentry:14261): GLib-GObject-CRITICAL **: Object class GtkSecureEntry doesn't implement property 'editing-canceled' from interface 'GtkCellEditable'
(pinentry:14277): GLib-GObject-CRITICAL **: Object class GtkSecureEntry doesn't implement property 'editing-canceled' from interface 'GtkCellEditable'

↑秘密鍵にアクセスする時に使うパスフレーズを設定します.
ここではウィンドウが開き2回パスフレーズを入力しました.

今から長い乱数を生成します。キーボードを打つとか、マウスを動かす
とか、ディスクにアクセスするとかの他のことをすると、乱数生成子で
乱雑さの大きないい乱数を生成しやすくなるので、お勧めいたします。

↑ たくさんキーボードを打ったり、マウスを動かしました.

gpg: 鍵(省略しました)を絶対的に信用するよう記録しました
公開鍵と秘密鍵を作成し、署名しました。

gpg: 信用データベースの検査

(検査したものが表示されます.以下省略.)

公開鍵を取り出す

gpg2 --export [UID] -o UID_key

作られるファイルはバイナリファイルです.

-aオプションを付けると7-bit ASCIIファイル

に出力されます.

-a,-oオプションを省略した場合は標準出力に表示されます.

公開鍵の追加

gpg2 --import [Filename]

鍵を無効にする

gpg2 --gen-revoke

鍵の管理

公開鍵をすべて表示する

gpg2 --list-keys 

公開鍵についている署名を見る

gpg2 --list-sigs 

公開鍵についている指紋を見る

gpg2 --fingerprint 

秘密鍵の一覧表示

gpg2 --list-secret-keys

公開鍵を削除する

gpg2 --delete-key UID 

秘密鍵を削除する

gpg2 --delete-secret-key 

鍵の編集

gpg2 --edit-key UID

IntelliJ IDEA 12 Community Editionをダウンロードしインストールする方法

環境とバージョン

  • OS:Debian Wheezy amd64
  • Java:jdk-7u17-linux-x64
  • IntelliJ IDEA:ideaIC-12.0.4

ダウンロード

IntelliJ IDEA :: Download Latest Version of IntelliJ IDEA

から ideaIC-12.0.4.tar.gzをダウンロードします.

Community Editionの’Download Now’をクリックすれば

自動的にダウンロードが始まります.

起動

~/bin以下に展開します.

mv ideaIC-12.0.4.tar.gz ~/bin
cd ~/bin
tar zxvf ideaIC-12.0.4.tar.gz

起動してみます.

cd idea-IC-123.169/bin
./idea.sh &

しかし,

OpenJDK Runtime Environment (IcedTea6 1.12.4) (6b27-1.12.4-1)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 20.0-b12, mixed mode)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 20.0-b12, mixed mode)
WARNING: You are launching the IDE using OpenJDK Java runtime.

ITS KNOWN TO HAVE PERFORMANCE AND GRAPHICS ISSUES!
SWITCH TO THE ORACLE(SUN) JDK BEFORE REPORTING PROBLEMS!

NOTE: If you have both Oracle (Sun) JDK and OpenJDK installed
please validate either IDEA_JDK, JDK_HOME, or JAVA_HOME environment variable points to valid Oracle (Sun) JDK installation.
See http://ow.ly/6TuKQ for more info on switching default JDK.

Press Enter to continue.

OpenJDKを使っているので

Oracle (Sun) JDKに変えるように言われます.

Oracle(Sun) Javaのダウンロード

Debian Wheezy amd64にはOracle (Sun) JDKのパッケージはもうないので

Java SE Downloads から jdk-7u17-linux-x64.tar.gz を ダウンロードします.

/usr/local/lib 以下に展開します.

mv jdk-7u17-linux-x64.tar.gz /usr/local/lib
cd /usr/local/lib
tar zxvf jdk-7u17-linux-x64.tar.gz

IntelliJ IDEA起動用シェルスクリプトの作成

.bashrcにはopenjdkの設定が書かれているので

その設定を上書きするためにIntelliJ IDEA用に

スクリプトを作成します.

#!/bin/sh
IDEA_JDK=/usr/local/lib/jdk1.7.0_17
JDK_HOME=/usr/local/lib/jdk1.7.0_17
JAVA_HOME=/usr/local/lib/jdk1.7.0_17

export IDEA_JDK JDK_HOME JAVA_HOME

~/bin/idea-IC-123.169/bin/idea.sh

これを~/bin/start_idea.shとして保存します.

再度起動

~/bin/start_idea.sh &

で無事起動することができました.

Lift2.5-RC2をダウンロードしインストールする方法

環境とバージョン

OS:Debian Wheezy amd64

Scala:scala_2.9.2+dfsg-1_all

Lift:lift-lift_25_sbt-d2b99e1

ダウンロード

Lift :: Download より lift-lift_25_sbt-d2b99e1.tar.gz を

ダウンロードし適当な所で展開します.

ライブラリ等のダウンロード

以下のコマンドを打つと必要なライブラリ等をダウンロードし始めます.

cd lift-lift_25_sbt-d2b99e1/scala_29/lift_basic
./sbt

起動

しばらくするとプロンプトが出るので

以下のコマンドを打ち起動します.

> container:start

起動確認

Liftアプリケーションが起動できたかブラウザで

http://127.0.0.1:8080 にアクセスし確認します.

Debian Wheezy amd64にRuby 2.0.0をインストールする

はじめに

今回は,Ruby生誕20周年の2013年2月24日にリリースされたRuby 2.0.0

をインストールしてみます.

環境とバージョン

OS:Debian Wheezy amd64

libyaml-devのインストール

Ruby 2.0.0 をインストールするにはlibyamlが必要みたいです.

Debianではlibyaml-devというパッケージがあるのでこれをまず

インストールします.

apt-get install libyaml-dev

curlのインストール

URL文法でデータを転送するコマンドラインツールcrulをインストールします.

apt-get install crul

libssl-devのインストール

これがないとrubygemsのインストールに失敗するのでこれも入れます.

apt-get install libssl-dev

Ruby 2.0.0のインストール

\curl -L https://get.rvm.io | bash -s stable --ruby

設定

.bash_profile

以下のコードが自動的に書き込まれます.

[[ -s "$HOME/.rvm/scripts/rvm" ]] && source "$HOME/.rvm/scripts/rvm" # Load RVM into a shell session *as a function*

.bashrc

以下のコードが自動的に書き込まれます.

PATH=$PATH:$HOME/.rvm/bin # Add RVM to PATH for scripting

‘$HOME/.rvm/bin’を優先したいので

以下のように変更しました.

PATH=$HOME/.rvm/bin:$PATH # Add RVM to PATH for scripting




Clojure 1.4パッケージをDebian Wheezy amd64にインストールする

clojure

はじめに

前回の記事でオフィシャルサイトからダウンロードして

起動するところまでやりましたが,Debianにはパッケージがあるので

今回はそれらをインストールしてみます.

環境とバージョン

  • OS:Debian Wheezy amd64
  • clojure1.4:clojure1.4_1.4.0+dfsg-2_all
  • Leiningen:leiningen_1.7.1-1_all

インストール

Clojure

apt-get install clojure1.4

一緒にrlwrapというreadline 機能を持つコマンドラインラッパーがインストールされます.

パッケージリストを読み込んでいます… 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています… 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
rlwrap
以下のパッケージが新たにインストールされます:
clojure1.4 rlwrap
アップグレード: 0 個、新規インストール: 2 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
3,079 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 3,686 kB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]?

Leiningen

LeiningenとはClojureのためのシンプルなビルドシステムです.

apt-get install leiningen

パッケージリストを読み込んでいます… 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています… 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
bsh bsh-gcj clojure-contrib clojure1.2 fop java-wrappers
libavalon-framework-java libbackport-util-concurrent-java libbatik-java
libbsf-java libclassworlds-java libclucy-clojure
libcommons-configuration-java libcommons-io-java libcommons-jexl-java
libcommons-jxpath-java libcommons-net2-java libcommons-vfs-java
libdom4j-java libdoxia-java libfop-java libganymed-ssh2-java
libgoogle-collections-java libhttpclient-java libhttpcore-java
libitext1-java libjaxen-java libjaxme-java libjdom1-java libjetty-java
libjsoup-java libjsr305-java liblog4j1.2-java libmaven-ant-tasks-java
libmaven-scm-java libmaven2-core-java libmodello-java
libnetbeans-cvsclient-java libplexus-ant-factory-java
libplexus-archiver-java libplexus-bsh-factory-java libplexus-build-api-java
libplexus-cipher-java libplexus-classworlds-java
libplexus-container-default-java libplexus-containers-java
libplexus-i18n-java libplexus-interactivity-api-java
libplexus-interpolation-java libplexus-io-java libplexus-sec-dispatcher-java
libplexus-utils-java librhino-java librobert-hooke-clojure libsaxon-java
libslf4j-java libwagon-java libxbean-java libxmlgraphics-commons-java
libxom-java libxpp2-java libxpp3-java rhino
提案パッケージ:
bsh-doc fop-doc libavalon-framework-java-doc
libbackport-util-concurrent-java-doc libclassworlds-java-doc
libcommons-io-java-doc libcommons-jxpath-java-doc libcommons-net2-java-doc
libcommons-vfs-java-doc libdom4j-java-doc libdoxia-java-doc
libjaxme-java-doc libjdom1-java-doc jetty libjetty-java-doc
libjsoup-java-doc libjsr305-java-doc liblog4j1.2-java-doc libgnumail-java
libjboss-jmx-java libmaven-scm-java-doc maven2 libmodello-java-doc
libplexus-build-api-java-doc libplexus-cipher-java-doc
libplexus-classworlds-java-doc libplexus-container-default-java-doc
libplexus-i18n-java-doc libplexus-interactivity-api-java-doc
libplexus-interpolation-java-doc libplexus-sec-dispatcher-java-doc
libplexus-utils-java-doc libsaxon-java-doc libwagon-java-doc groovy
libspring-core-java libspring-beans-java libspring-context-java
libspring-web-java libqdox-java libxom-java-doc librhino-java-doc
以下のパッケージが新たにインストールされます:
bsh bsh-gcj clojure-contrib clojure1.2 fop java-wrappers leiningen
libavalon-framework-java libbackport-util-concurrent-java libbatik-java
libbsf-java libclassworlds-java libclucy-clojure
libcommons-configuration-java libcommons-io-java libcommons-jexl-java
libcommons-jxpath-java libcommons-net2-java libcommons-vfs-java
libdom4j-java libdoxia-java libfop-java libganymed-ssh2-java
libgoogle-collections-java libhttpclient-java libhttpcore-java
libitext1-java libjaxen-java libjaxme-java libjdom1-java libjetty-java
libjsoup-java libjsr305-java liblog4j1.2-java libmaven-ant-tasks-java
libmaven-scm-java libmaven2-core-java libmodello-java
libnetbeans-cvsclient-java libplexus-ant-factory-java
libplexus-archiver-java libplexus-bsh-factory-java libplexus-build-api-java
libplexus-cipher-java libplexus-classworlds-java
libplexus-container-default-java libplexus-containers-java
libplexus-i18n-java libplexus-interactivity-api-java
libplexus-interpolation-java libplexus-io-java libplexus-sec-dispatcher-java
libplexus-utils-java librhino-java librobert-hooke-clojure libsaxon-java
libslf4j-java libwagon-java libxbean-java libxmlgraphics-commons-java
libxom-java libxpp2-java libxpp3-java rhino
アップグレード: 0 個、新規インストール: 64 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
40.1 MB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 56.0 MB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]?

[Clojure]Clojure1.4のインストール

インストール手順

http://clojure.org/downloads

より1.4のzipファイルをダウンロードします.

適当なディレクトリでunzipします.

ここではホームディレクトリ以下に展開します.

あとは,readme.txtにもあるとおり,

$ java -cp $HOME/clojure-1.4.0/cloujre-1.4.0.jar cloujre.main

で起動します.

毎回コマンドを打つのはめんどくさいので,

#!/usr/bin/env bash

java -cp $HOME/clojure-1.4.0/clojure-1.4.0.jar clojure.main

というシェルスクリプトを作り,それをicjと名前を付けて 保存します.後は./icjで起動します.

VirtualBoxにSSH接続する方法:ブリッジ編

VirtualBoxの設定

各仮想マシンの設定から,ネットワークをクリックします. 以下のように設定します.

  • 割り当て:ブリッジ接続
  • 名前:ここはeth0,eth1,eth2などホストOSのネットワークインターフェースを選びます.

[OK]をクリックします.

ゲズトOSの設定

もしsshが入っていなければ,インストールします.

コマンド

以下は,OSがUbuntuの場合です.

apt-get install openssh-client openssh-server

これでホストOSとゲストOS間でssh接続できるようになりました.

FreeBSD 9.1をVirtualBoxにインストールしてみた

はじめに

FreeBSD 9.1がリリースされたのでVirtualBoxにインストールしてみました. 昔ながらのテキストベースのインストーラなので画面写真はなしです. 個人用の備忘録です.

環境とバージョン

ホストOS:Debian Wheezy amd64

ゲストOS:FreeBSD-9.1-RELEASE-amd64

VirtualBox:virtualbox_4.1.18-dfsg-1.1_amd64

仮想マシンの作成

  • 名前:FreeBSD_9_1_RELEASE_amd64
  • OSタイプ
    • オペーレーティングシステム:BSD
    • バージョン:FreeBSD(64bit)

で作成しました.

FreeBSDの仮想マシンを選択し起動ボタンを押します. 次からFreeBSDのインストールになります.

起動画面

1を選択し起動します.

Welcome画面

そのままエンターを押します.

Keymap Selection

そのまま<Yes>を押します.

Keyborad Menu

USキーボードなのでUSキーボードを選択します.

Set Hostname

好きなホスト名を入れます.

Disctribution Selection

ここではdoc,srcを追加しエンターを押します.

Partitioning

<Guided>を選択します.

Partition

<Entire Disk>を選択します.

Partition Editor

<Finish>を選択します.

Confarmation

<Commit>を選択します.

インストールが始まります.

ルートのパスワード

パスワードを入力します.

Network Configuration

<Yes>を選択します.

IPv4

<Yes>を選択します.

DHCP

<Yes>を選択します.

IPv6

<Yes>を選択します.

SLAAC

<Yes>を選択します.

Resolver Configuration

<Yes>を選択します.

Select local or UTC clock

ハードウェアの時刻はローカルタイムなので <No>を選択します.

Time Zone Selector

Asiaを選択します.

Countries in Asia

Japanを選択します.

System Configuration

sshdが選択されています. そのまま,<OK>を押します.

Dumpdev Configuration

<Yes>を選択します.

Add User Accounts

<Yes>を選択します. ユーザ名,フルネーム,パスワード等を入力します.

Final Configuration

<OK>を選択します.

Manual Configuration

特に変更するところはないので <No>を選択します.

Complete

ここは,リブートを選択し再起動後 仮想マシンの電源を切ります.

起動順の変更

仮想マシンの設定⇒システム⇒起動順序で ハードディスクを一番上に持ってきます.