Debian Wheezy amd64でNVIDIAのグラフィックスボードを使う

はじめに

この文章は個人的なメモです. ただの作業記録です.

所有しているグラフィックスボード

GeForce8600GTS

APTリポジトリの設定

non-freeコンポーネントを使うよう設定します.

NVIDIAカーネルソースのインストール

squeezeと同様にsourceパッケージから モジュールパッケージをビルドするために ‘nvidia-kernel-source’をインストールしました.

apt-get install nvidia-kernel-source

ここで,’/usr/share/doc/nvidia-kernel-source/README.Debian.gz’を読むと

METHOD #1: automatically, via dkms – Dynamic Kernel Module Support

  • Easiest and recommended method.
  • DKMS will take care of building a new module whenever the driver
    or your kernel headers are updated.
  • Install the linux-headers-* package matching your kernel.
  • Install the package nvidia-kernel-dkms instead of
    nvidia-kernel-source.
  • STOP reading this file.

と書いてあるので,’nvidia-kernel-dkms’を代わりにインストールする.

apt-get install nvidia-kernel-dkms

途中,以下のような警告がでたのでリブートした.

しかし,再起動後Xが起動しないので’Alt+F5’でコンソール画面へ.

‘/etc/X11/xorg.conf’がないのに気付き同じパソコンのセカンダリHDDで使っている xorg.confを’/etc/X11’へコピーする.

具体的にはDeviceセクションに’Driver ‘nvidia”を記述する必要があった.

Section “Device”

Driver “nvidia”

EndSection

再度リブート.無事gdm3のログイン画面が出た.

まとめ

最初に,xorg.confをコピーしておくべきだった. ここ最近のLinuxはハードウェアを自動認識してくれるが メーカーがドライバを公開していないハードウェアは認識してくれないようだ. よって,前と同じように自分でドライバを指定してやる必要がある. 安易にリブートしないこと.

SNSでもご購読できます。