Ubuntu Server 12.04 LTSを仮想マシンVirtualBoxにインストールする方法

仮想マシンの作成

 

  • 名前:Ubuntu_Server_12_04_LTS
  • OSタイプ
    • オペーレーティングシステム:Linux
    • バージョン:Ubuntu(64bit)

に設定しました.

後は,CentOS 6.3の仮想マシンを作成する » PC-UNIUX:Linux OSのインストール・サーバ構築入門 に書いた手順で仮想マシンを作成しました.

Ubuntu Server 12.04 LTSのインストール

CDイメージの選択

VirtualBoxを起動し,仮想マシン’Ubuntu_Server_12_04_LTS’を選択します. 設定からストレージを選択し,空のCDを選択します.

 

右のCD-ROMマークをクリックしダウンロードした ISOファイルを指定します.LiveCD/DVDにチェックを 入れます.

 

設定 > システム > 起動順序で’CD/DVD-ROM’を一番上にします. 起動ボタンをクリックします.

しばらくすると,LiveCDが起動します.

言語選択

 

言語選択はデフォルトの’English’のままEnterキーを押します. ‘日本語’を選択すると私の環境ではインストーラが固まってしまいました.

インストーラの選択画面

 

インストール方法等の選択画面です.一番上の’Install Ubuntu Server’を選択します.

インストーラの言語選択

 

先の言語選択との違いがいまいち判りませんが,インストール後の デフォルト言語の選択です.

ロケーション選択

 

Japanは選択肢にないので,’other’を選びます.

 

すると,おおまかな地域選択画面が出てくるので’Asia’を選択します.

 

‘Japan’を選択します.

ロケール選択

 

サーバなので’United States’でいいでしょう.

キーボードの設定

 

私が持っているキーボードはUS配列なのでこの画面で’Yes’ と答え,次にこの文字はキーボードに印字されているかという 質問に’No’と答え続ければUSキーボードになりました. 日本語配列が出てくるかは未確認です.

ホストネームの設定

 

ユーザーのフルネーム入力

 

ユーザー名の入力

 

ユーザーのパスワード入力

 

ユーザーのパスワード入力確認

 

同じパスワードを入力します.

ホームディレクトリの暗号化

 

デフォルトの’No’にしました.

タイムゾーンの設定

 

ディスクパーティション

 

今回は仮想マシンにインストールするのでデフォルトのままEnterキーを押します.

ディスク選択

 

1つしかないのでそのままEnterキーを押します.

 

ディスクに変更情報を書きこむかの確認です.

 

ディスクはすべて使うので8.3GBのまま,Enterキーを押します.

 

最終確認画面です.

プロキシの設定

 

自動アップデート設定

 

自動アップデートしないように設定しました.

ソフトウェア選択

 

外から入れるように’OpenSSH Server’だけ入れました.

GRUBのインストール

 

インストール終了

 

SNSでもご購読できます。