ネットワーク状況を確認するコマンド

pingコマンド

pingコマンドはネットワーク疎通を確認したいホストに対して,

ICMPパケットを送信し,そのパケットが正しく届いて返答が行なわれるか

を確認するためのコマンドです.

  • pingコマンドの実行例
ping -c 5 192.168.1.1
PING 192.168.1.1 (192.168.1.1) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 192.168.1.1: icmp_seq=1 ttl=128 time=0.354 ms
64 bytes from 192.168.1.1: icmp_seq=2 ttl=128 time=0.345 ms
64 bytes from 192.168.1.1: icmp_seq=3 ttl=128 time=0.354 ms
64 bytes from 192.168.1.1: icmp_seq=4 ttl=128 time=0.347 ms
64 bytes from 192.168.1.1: icmp_seq=5 ttl=128 time=0.345 ms

--- 192.168.1.1 ping statistics ---
5 packets transmitted, 5 received, 0% packet loss, time 3997ms
rtt min/avg/max/mdev = 0.345/0.349/0.354/0.004 ms

-cはN個のパケットを送信するオプションです.

pingコマンドが正常に実行できれば,対象のホストまでのネットワークは

正常です.

tracerouteコマンド

対象ホストまでのどのネットワーク上の機器から応答がないか

判断するコマンドです.

  • tracerouteコマンドの実行例
traceroute www.hoge.co.jp
traceroute to www.hoge.co.jp (2xx.2xx.2xx.2xx), 30 hops max, 60 byte packets
 1  local.gateway (192.168.3.1)  1.433 ms  1.414 ms  1.393 ms
 2  2xx.4xx.1xx.2xx (2xx.4xx.1xx.2xx)  22.696 ms  23.683 ms  24.383 ms
 3  1xx.3xx.2xx.1xx (1xx.3xx.2xx.1xx)  25.546 ms  27.355 ms  27.525 ms
 4  1xx.3xx.4xx.4xx (1xx.3xx.4xx.4xx)  28.324 ms  29.005 ms  29.669 ms
(以下省略)

上記のIPアドレス,ホスト名は架空のものです.

注意点

これら2つのコマンドは経路途中にファイアーウォールが存在した場合,

ICMPパケットが遮断されて応答パケットを受信できないことがあります.

SNSでもご購読できます。