FreeBSD

KVMを使ってFreeBSD 9.2をインストールする方法

FreeBSDの情報や入手方法

コンピュータ構成

  • マザーボード:P5B Deluxe
  • CPU:Intel(R) Core(TM)2 Quad CPU Q6700 @ 2.66GHz
  • メモリ:5GB
  • ハードディスク:2TB(Serial ATA接続)
  • ホストOS:Debian Jessie amd64

仮想マシンのマネージャーの起動

virt-manager &

仮想マシンの作成

新しい論理ボリュームの作成

ボリュームグループpoolから論理ボリュームfreebsd92を作成する.

sudo lvcreate -L 8G -n freebsd92 pool

仮想マシン名の設定とインストール方法の選択

仮想マシンマネージャーのウインドウで「localhost (QEMU)」という部分

にカーソルを合わせ,「右クリック」⇒「新規(N)」または上部の「新規」ボタン

を押す.仮想マシン名は「FreeBSD92」とした.

ダウンロードしたISOイメージを使うので

デフォルトの「ローカルのインストールメディア」を選択する.

インストール方法の選択

インストール元メディアの選択

「ISOイメージを使用」を選択する.ダウンロードしたISOファイルを指定する.

OSの種類は「UNIX」,バージョンに「FreeBSD 9.x」がなかったので

「FreeBSD 8.x」を指定した.

インストール元メディアの選択

仮想CPU数,メモリ容量の選択

メモリーはデフォルトの「1024MB」,CPUは「2」にした.

仮想CPU数,メモリ容量の選択

仮想ディスクの設定

ここでは,下の参照ボタンをクリックしあらかじめ作成した「freebsd92」を指定する.

仮想ディスクの設定

ネットワークの設定(ブリッジ接続する場合)

「詳細なオプション」をクリックし,ブリッジ接続になっているか確認する.

「完了」ボタンを押す.

仮想マシン完成

このようして仮想マシンが完成する.

FreeBSD 9.2のインストール

インストーラー起動

<Install>を選択する.

インストーラ起動

キーボードを選択

使っているキーボードがUS配列なのでここは<No>を選択する.

もし,日本語キーボードなら<Yes>を選択し

一覧から「Japanese 106」を選択する.

キーボードの選択キーボードの選択

ホスト名を設定

ローカルでテストするだけなので「opal.localhost」にした.

ホスト名設定

ディストリビューションの選択

ここはインストールするコンポーネントを選択する.

すべて選択した.

すべて選択

パーティショニング

ここは自動でするよう<Guided>を選択した.

自動パーティショニング

ディスク全体を使用するため<Entire Disk>を選択する.

ディスク全体を使用

<Finish>を押して自動パーティションを終了する.

自動パーティションを終了

<Commit>を押して設定を反映さる.

設定の反映

その後,インストールが開始する.

rootのパスワード設定

rootのパスワード設定

ネットワークデバイスの選択

一つしかないのでそのまま<OK>を押す.

ネットワークデバイスの選択

ネットワーク設定

IPv4を設定するため<Yes>を選択する.

IPv4を設定

DHCPを利用するので<Yes>を選択する.

DHCPを利用

IPv6は使わないので<No>を選択する.

IPv6

DNSサーバの設定をする.

自動で取得しているのでそのIPアドレスでよければ<OK>を押す.

DNSサーバ

システムクロックの設定

UTCに設定されていないので<No>を選択する.

システムクロックの設定

タイムゾーンの設定

5 Asiaを選択し<OK>を押す.

5 Asia

18 Japanを選択し<OK>を押す.

18 Japan

そのまま<OK>を押す.

JST

起動するデーモンの選択

sshd,ntpdを選択する.powerdはKVM上でうまく動くかわからないので無効にした.

起動するデーモン

クラッシュダンプの記録

<Yes>を選択する.

クラッシュダンプ

ユーザーの追加

<Yes>を選択する.

ユーザーの追加

対話的入力していき,最後にyesと打ち込む.

一般ユーザーをwheelグループに追加するところは忘れそうなので注意する.

対話的入力

この後,さらにユーザーを追加するかと聞かれるので追加する場合はyesと打ち込む.

しない場合はnoと打ち込む.

インストール完了

Exitを選び,<OK>を押す.

インストール完了

手動で設定するか聞かれるが,<No>を選択する.

手動で設定

インストールが終わったので<Reboot>を選択する.

Reboot

FreeBSD 9.1をVirtualBoxにインストールしてみた

はじめに

FreeBSD 9.1がリリースされたのでVirtualBoxにインストールしてみました. 昔ながらのテキストベースのインストーラなので画面写真はなしです. 個人用の備忘録です.

環境とバージョン

ホストOS:Debian Wheezy amd64

ゲストOS:FreeBSD-9.1-RELEASE-amd64

VirtualBox:virtualbox_4.1.18-dfsg-1.1_amd64

仮想マシンの作成

  • 名前:FreeBSD_9_1_RELEASE_amd64
  • OSタイプ
    • オペーレーティングシステム:BSD
    • バージョン:FreeBSD(64bit)

で作成しました.

FreeBSDの仮想マシンを選択し起動ボタンを押します. 次からFreeBSDのインストールになります.

起動画面

1を選択し起動します.

Welcome画面

そのままエンターを押します.

Keymap Selection

そのまま<Yes>を押します.

Keyborad Menu

USキーボードなのでUSキーボードを選択します.

Set Hostname

好きなホスト名を入れます.

Disctribution Selection

ここではdoc,srcを追加しエンターを押します.

Partitioning

<Guided>を選択します.

Partition

<Entire Disk>を選択します.

Partition Editor

<Finish>を選択します.

Confarmation

<Commit>を選択します.

インストールが始まります.

ルートのパスワード

パスワードを入力します.

Network Configuration

<Yes>を選択します.

IPv4

<Yes>を選択します.

DHCP

<Yes>を選択します.

IPv6

<Yes>を選択します.

SLAAC

<Yes>を選択します.

Resolver Configuration

<Yes>を選択します.

Select local or UTC clock

ハードウェアの時刻はローカルタイムなので <No>を選択します.

Time Zone Selector

Asiaを選択します.

Countries in Asia

Japanを選択します.

System Configuration

sshdが選択されています. そのまま,<OK>を押します.

Dumpdev Configuration

<Yes>を選択します.

Add User Accounts

<Yes>を選択します. ユーザ名,フルネーム,パスワード等を入力します.

Final Configuration

<OK>を選択します.

Manual Configuration

特に変更するところはないので <No>を選択します.

Complete

ここは,リブートを選択し再起動後 仮想マシンの電源を切ります.

起動順の変更

仮想マシンの設定⇒システム⇒起動順序で ハードディスクを一番上に持ってきます.