2013年 1月 の投稿一覧

Clojure 1.4パッケージをDebian Wheezy amd64にインストールする

clojure

はじめに

前回の記事でオフィシャルサイトからダウンロードして

起動するところまでやりましたが,Debianにはパッケージがあるので

今回はそれらをインストールしてみます.

環境とバージョン

  • OS:Debian Wheezy amd64
  • clojure1.4:clojure1.4_1.4.0+dfsg-2_all
  • Leiningen:leiningen_1.7.1-1_all

インストール

Clojure

apt-get install clojure1.4

一緒にrlwrapというreadline 機能を持つコマンドラインラッパーがインストールされます.

パッケージリストを読み込んでいます… 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています… 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
rlwrap
以下のパッケージが新たにインストールされます:
clojure1.4 rlwrap
アップグレード: 0 個、新規インストール: 2 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
3,079 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 3,686 kB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]?

Leiningen

LeiningenとはClojureのためのシンプルなビルドシステムです.

apt-get install leiningen

パッケージリストを読み込んでいます… 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています… 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
bsh bsh-gcj clojure-contrib clojure1.2 fop java-wrappers
libavalon-framework-java libbackport-util-concurrent-java libbatik-java
libbsf-java libclassworlds-java libclucy-clojure
libcommons-configuration-java libcommons-io-java libcommons-jexl-java
libcommons-jxpath-java libcommons-net2-java libcommons-vfs-java
libdom4j-java libdoxia-java libfop-java libganymed-ssh2-java
libgoogle-collections-java libhttpclient-java libhttpcore-java
libitext1-java libjaxen-java libjaxme-java libjdom1-java libjetty-java
libjsoup-java libjsr305-java liblog4j1.2-java libmaven-ant-tasks-java
libmaven-scm-java libmaven2-core-java libmodello-java
libnetbeans-cvsclient-java libplexus-ant-factory-java
libplexus-archiver-java libplexus-bsh-factory-java libplexus-build-api-java
libplexus-cipher-java libplexus-classworlds-java
libplexus-container-default-java libplexus-containers-java
libplexus-i18n-java libplexus-interactivity-api-java
libplexus-interpolation-java libplexus-io-java libplexus-sec-dispatcher-java
libplexus-utils-java librhino-java librobert-hooke-clojure libsaxon-java
libslf4j-java libwagon-java libxbean-java libxmlgraphics-commons-java
libxom-java libxpp2-java libxpp3-java rhino
提案パッケージ:
bsh-doc fop-doc libavalon-framework-java-doc
libbackport-util-concurrent-java-doc libclassworlds-java-doc
libcommons-io-java-doc libcommons-jxpath-java-doc libcommons-net2-java-doc
libcommons-vfs-java-doc libdom4j-java-doc libdoxia-java-doc
libjaxme-java-doc libjdom1-java-doc jetty libjetty-java-doc
libjsoup-java-doc libjsr305-java-doc liblog4j1.2-java-doc libgnumail-java
libjboss-jmx-java libmaven-scm-java-doc maven2 libmodello-java-doc
libplexus-build-api-java-doc libplexus-cipher-java-doc
libplexus-classworlds-java-doc libplexus-container-default-java-doc
libplexus-i18n-java-doc libplexus-interactivity-api-java-doc
libplexus-interpolation-java-doc libplexus-sec-dispatcher-java-doc
libplexus-utils-java-doc libsaxon-java-doc libwagon-java-doc groovy
libspring-core-java libspring-beans-java libspring-context-java
libspring-web-java libqdox-java libxom-java-doc librhino-java-doc
以下のパッケージが新たにインストールされます:
bsh bsh-gcj clojure-contrib clojure1.2 fop java-wrappers leiningen
libavalon-framework-java libbackport-util-concurrent-java libbatik-java
libbsf-java libclassworlds-java libclucy-clojure
libcommons-configuration-java libcommons-io-java libcommons-jexl-java
libcommons-jxpath-java libcommons-net2-java libcommons-vfs-java
libdom4j-java libdoxia-java libfop-java libganymed-ssh2-java
libgoogle-collections-java libhttpclient-java libhttpcore-java
libitext1-java libjaxen-java libjaxme-java libjdom1-java libjetty-java
libjsoup-java libjsr305-java liblog4j1.2-java libmaven-ant-tasks-java
libmaven-scm-java libmaven2-core-java libmodello-java
libnetbeans-cvsclient-java libplexus-ant-factory-java
libplexus-archiver-java libplexus-bsh-factory-java libplexus-build-api-java
libplexus-cipher-java libplexus-classworlds-java
libplexus-container-default-java libplexus-containers-java
libplexus-i18n-java libplexus-interactivity-api-java
libplexus-interpolation-java libplexus-io-java libplexus-sec-dispatcher-java
libplexus-utils-java librhino-java librobert-hooke-clojure libsaxon-java
libslf4j-java libwagon-java libxbean-java libxmlgraphics-commons-java
libxom-java libxpp2-java libxpp3-java rhino
アップグレード: 0 個、新規インストール: 64 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
40.1 MB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 56.0 MB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]?

参考リンク

[Clojure]Clojure1.4のインストール

インストール手順

http://clojure.org/downloads

より1.4のzipファイルをダウンロードします.

適当なディレクトリでunzipします.

ここではホームディレクトリ以下に展開します.

あとは,readme.txtにもあるとおり,

$ java -cp $HOME/clojure-1.4.0/cloujre-1.4.0.jar cloujre.main

で起動します.

毎回コマンドを打つのはめんどくさいので,

#!/usr/bin/env bash

java -cp $HOME/clojure-1.4.0/clojure-1.4.0.jar clojure.main

というシェルスクリプトを作り,それをicjと名前を付けて 保存します.後は./icjで起動します.

VirtualBoxにSSH接続する方法:ブリッジ編

VirtualBoxの設定

各仮想マシンの設定から,ネットワークをクリックします. 以下のように設定します.

  • 割り当て:ブリッジ接続
  • 名前:ここはeth0,eth1,eth2などホストOSのネットワークインターフェースを選びます.

[OK]をクリックします.

ゲズトOSの設定

もしsshが入っていなければ,インストールします.

コマンド

以下は,OSがUbuntuの場合です.

apt-get install openssh-client openssh-server

これでホストOSとゲストOS間でssh接続できるようになりました.

FreeBSD 9.1をVirtualBoxにインストールしてみた

はじめに

FreeBSD 9.1がリリースされたのでVirtualBoxにインストールしてみました. 昔ながらのテキストベースのインストーラなので画面写真はなしです. 個人用の備忘録です.

環境とバージョン

ホストOS:Debian Wheezy amd64

ゲストOS:FreeBSD-9.1-RELEASE-amd64

VirtualBox:virtualbox_4.1.18-dfsg-1.1_amd64

仮想マシンの作成

  • 名前:FreeBSD_9_1_RELEASE_amd64
  • OSタイプ
    • オペーレーティングシステム:BSD
    • バージョン:FreeBSD(64bit)

で作成しました.

FreeBSDの仮想マシンを選択し起動ボタンを押します. 次からFreeBSDのインストールになります.

起動画面

1を選択し起動します.

Welcome画面

そのままエンターを押します.

Keymap Selection

そのまま<Yes>を押します.

Keyborad Menu

USキーボードなのでUSキーボードを選択します.

Set Hostname

好きなホスト名を入れます.

Disctribution Selection

ここではdoc,srcを追加しエンターを押します.

Partitioning

<Guided>を選択します.

Partition

<Entire Disk>を選択します.

Partition Editor

<Finish>を選択します.

Confarmation

<Commit>を選択します.

インストールが始まります.

ルートのパスワード

パスワードを入力します.

Network Configuration

<Yes>を選択します.

IPv4

<Yes>を選択します.

DHCP

<Yes>を選択します.

IPv6

<Yes>を選択します.

SLAAC

<Yes>を選択します.

Resolver Configuration

<Yes>を選択します.

Select local or UTC clock

ハードウェアの時刻はローカルタイムなので <No>を選択します.

Time Zone Selector

Asiaを選択します.

Countries in Asia

Japanを選択します.

System Configuration

sshdが選択されています. そのまま,<OK>を押します.

Dumpdev Configuration

<Yes>を選択します.

Add User Accounts

<Yes>を選択します. ユーザ名,フルネーム,パスワード等を入力します.

Final Configuration

<OK>を選択します.

Manual Configuration

特に変更するところはないので <No>を選択します.

Complete

ここは,リブートを選択し再起動後 仮想マシンの電源を切ります.

起動順の変更

仮想マシンの設定⇒システム⇒起動順序で ハードディスクを一番上に持ってきます.